Magic
素敵なマジック
search

保育向けの手品。幼児が盛り上がる簡単なマジック

子供たちはマジックが大好き!

目をキラキラ輝かせながら目の前で起きた不思議な現象に釘付けになる姿はとってもかわいいですよね。

そんな子供たちを喜ばせたいけれど、「どんなマジックをしよう?」と悩んでいる先生方も多いのではないでしょうか。

せっかくなら子供たちが見てすぐに理解できて、夢中になるようなおもしろい内容をお披露目したいですよね。

そこでこの記事では保育園、幼稚園に通う年齢の子どもたちが喜んでくれるマジックのネタを紹介します!

シンプルな仕掛けのものから、練習が必要なものまで、さまざまな手品のアイディアが勢ぞろい!

子供の年齢にぴったりのものを見つけてみてくださいね。

ぜひマスターして子供たちをあっと言わせましょう。

きっと人気者になれますよ!

保育向けの手品。幼児が盛り上がる簡単なマジック

10円が握るだけで二倍に

3枚のコインを手ににぎるだけで倍の6枚になる、というマジックです。

お金が増えるマジック、夢がありますよね(笑)。

このマジック、実は始めから6枚のコインを持っているのですが前から見ても裏から見ても3枚しか持っているように見えません。

持ち方にコツがあり、3枚のコインを段を付けるように持ち、裏も同じように重ね、間にもコインが入っています。

段差があるのでちょっと持ちづらく、持ち方に少し練習が必要ですがどこでもできちゃうお手軽なマジックです。

うたたね

引っ張るだけで飛び出る新聞紙ツリー

新聞紙で作ったツリーがびよーんと伸びる、ビックリ手品がこちら。

クルクル巻いた新聞紙に切り込みを入れるだけで、簡単に仕掛けを作れます。

トイレットペーパーの芯や新聞紙といった、家庭にもあるもので作れるので、保育園や幼稚園での出し物にぴったりですよ。

飾りつけを工夫すれば、クリスマスなどの季節イベントでも大活躍しそうですね。

Yu Kishimoto

割りばしが空中に浮く

ペットボトルとわりばしという身近にあるものを使った簡単なマジックのご紹介です。

まず、ペットボトルを体でこすって、「電気が生まれてきた」ということにします。

わりばしに糸をつけ、その糸の端を体につけておくと、あがるのときは手を前に、さがるのときは手を体に近づければ、自然に上がり下がりします。

みんなわりばしに注意しているので、結構体の動きはわからないものです。

平川雅子(ボーカリスト:坂田水雅子)

指輪が紐を貫通

こちらは糸を通したはずの指輪が、糸を引っ張ることによって簡単に糸を貫通し、はずれるというマジックです。

子供たちの前でやるので、自分が指輪をはめていき、それをはずして目の前でやってあげるといいでしょう。

「先生の指輪は魔法の指輪なんだよー」などとストーリーを作って始めるとくいつきも違うかもしれません。

平川雅子(ボーカリスト:坂田水雅子)

見えない糸で動くハンカチ

こちらは見えない糸でハンカチが動いているかのように見える手品です。

種明かしは簡単で、親指と人差し指で実際ハンカチを曲げているだけ。

右手と左手の連動がうまくできるようになることがポイントです。

硬めのパリッとしたハンカチを使うとよりそれっぽく見えるのではないでしょうか。

種明かしをしたあとは子供にも挑戦させるといいですね。

平川雅子(ボーカリスト:坂田水雅子)

顔が360度まわっちゃう?!

穴のあいた箱を頭にかぶり、その箱をクルクル回すと、頭もいっしょに何周も回転してしまう!というマジックです。

穴から顔が一瞬しか見えないことを利用して、箱の回転に合わせて顔を動かすという簡単なタネですね。

小さい子供だと怖がってしまう子もいるかもしれないので、最後に箱を外した状態で同じ動きをし、種明かしをしてあげてもいいかもしれません。

Yu Kishimoto

はさみで切っても切れないお札

封筒にお札を入れ、封筒の上からハサミで真ん中を切れば……お札も切れてしまいます。

ですがこのマジックでは目の前で真っ二つに切られた封筒の中からどこも切れていないお札が現れる!というもの。

タネははじめに封筒の裏にお札が通る2本の切れ目を入れておく、というだけです。

お札を封筒に入れる時にその切れ目に通し、真ん中だけは封筒の外に通している、ハサミは内側の封筒にだけ入れる、というものです。

お金を切るなんて!ということで盛り上がる、みんながヒヤヒヤして絶叫してしまうマジックです。

うたたね

おわりに

たくさんのマジックを紹介しました。

いかがでしたか?

どれも子供たちの好奇心をくすぐるユニークなアイディアばかりでしたね。

マジックは見ていると子供はもちろん大人もワクワクしますよね。

子供たちのドキドキハラハラしている姿や、「なんでだろう?」と考えている姿を見守りながら、いろんな演出を加えて披露してみてくださいね。

マジックショーが終わったあとは種明かしをして、子供たちも一緒にマジックに挑戦してみるのもオススメです。

子供たちの遊びの世界が広がること間違いなし!

みんなで楽しい時間を過ごせるといいですね。